GHOST/トロのマネー日記

私はGhostである、名前は花山トロ。ご主人は花山とうしろう、サラリーマン生活の傍ら株式投資に励み、退職後は配当と株主優待で夫婦2人悠々自適に暮らしている。トロは前飼主に捨てられ彷徨っているところをご主人に拾われ、以来優しいご主人に甘えていたが、2021年1月14日、Ghostになったのである。これからは、人生は3つの「きんりょく」、即ち筋力(筋肉)、菌力(腸内細菌)、金力(金融資産)が最重要というポリシーのご主人を見守り、株式投資、株主優待、旅行、ゴルフ、健康などの面白い話、役に立つ話を発信するのである

身辺整理なのである(その2 不動産)

 ご主人は、1月4日、今年の投資方針の中に、「断捨離、終活などという大袈裟さなものではないが、身辺をシンプルにするというか、無駄や使わないモノを徐々に減らすために生活全般を見直し、銀行口座、証券口座、クレジットカード、ネット会員、そして小物などを減らしたいと思っているのである。」というのがあるのである。ということで、不動産の相続について調べたのである。

 2021年に不動産登記法民法が一部改正され、不動産の所有者について相続があったときは、相続により不動産の所有権を取得した者は、相続の開始及び所有権を取得したことを知った日から3年以内に不動産の名義変更登記をしなければならないのである。また、これに違反すると10万円以下の過料の対象となるのである。この改正は、2024年4月1日から施行されるのである。このような法改正もあり、ご主人は、もし奥様が自宅を相続する場合、普通に司法書士に依頼するにしても、遺産分割協議書を作成し、戸籍謄本、印鑑証明等を入手するには、相当の手間暇がかかり、苦労するのではないかと心配しているのである。そこで、ご主人は、費用があまりかからない便利な方法はないかと調べてみると、「相続ドットコム不動産」、「相続登記ラボ」の2つが候補となったのである。

f:id:hanayamatoro:20220110183351p:plain

そうぞくドットコム不動産HP

 相続ドットコム不動産は、相続で発生した自宅や土地などの不動産の名義変更手続きサービスで、司法書士ではないのである。相続ドットコム不動産が行うサービスは、必要書類を代行で取得(各市区町村から、戸籍謄本一式、住民票、不動産の固定資産評価証明書などの必要書類を代行取得)、申請書類一式を自動作成(システムに従って「誰が相続するのか」など簡単な入力を行うだけで申請に必要な書類が自動生成)、全国の法務局へ郵送(完了書類の受け取りに必要な返信用封筒や発送用レターパックなどを準備し、法務局へ郵送)なのである。料金は76,780円(税込)、登録免許税は実費であるが、不動産の数が何件あっても追加料金なし(極端に多い場合を除く)、不動産の価格が100万円でも1億円でも料金は変らず、戸籍や住民票の取得時に役所へ支払う手数料・郵送料も定額の範囲内という、明朗会計なのである。

f:id:hanayamatoro:20220110183458p:plain

相続登記ラボHP

 相続登記ラボ相続人が行うサービスは、必要書類を代行で取得(各市区町村から、戸籍謄本一式、住民票、不動産の固定資産評価証明書などの必要書類を代行取得)、申請書類一式を自動作成(システムに従って「誰が相続するのか」など簡単な入力を行うだけで申請に必要な書類が自動生成)、全国の法務局へ司法書士が相続人の代理人として、相続登記手続きを法務局オンラインで申請、なのである。料金は38,500円(税込)と安いのであるが、被相続人が親、祖父母、配偶者限定といういわばシンプルな相続に限定されている点と、戸籍や住民票の取得時に役所へ支払う手数料・郵送料、登録免許税等の実費がかかるのである。また、不動産が複数有り、2箇所の法務局への登記申請が必要な場合は、料金は2倍となるのである。

 ご主人の結論は、被相続人が親、祖父母、配偶者で1箇所の法務局で相続手続きが完了するシンプルな相続ならば相続登記ラボ、複数の法務局へ登記申請が必要な場合、複雑な相続の場合は相続ドットコム不動産が候補となるのである。ご主人は、この2つの候補とも、ITと同じような手続きを大量に処理することによる効率化により、相続人にとって利便性の高いサービスを実現したものと考えており、今後も似たようなサービス提供者が現れるのではないかと思っているのである。