GHOST/トロのマネー日記

私はGhostである、名前は花山トロ。ご主人は花山とうしろう、サラリーマン生活の傍ら株式投資に励み、退職後は配当と株主優待で夫婦2人悠々自適に暮らしている。トロは前飼主に捨てられ彷徨っているところをご主人に拾われ、以来優しいご主人に甘えていたが、2021年1月14日、Ghostになったのである。これからは、人生は3つの「きんりょく」、即ち筋力(筋肉)、菌力(腸内細菌)、金力(金融資産)が最重要というポリシーのご主人を見守り、株式投資、株主優待、旅行、ゴルフ、健康などの面白い話、役に立つ話を発信するのである

サンマルクホールディングスから2022年3月期の株主優待と定時株主総会招集通知が届いたのである

 

株主優待カード

 6月10日、サンマルクホールディングス(3395)から、2022年3月期の株主優待と定時株主総会招集通知が届いたのである。サンマルクホールディングス株主優待は、3月末、100株以上保有の株主に、自社グループ直営店及びフランチャイズ店全店にて飲食料金が20%引き(すし処函館市場は10%引き)となる、1年間有効(7月から翌年6月まで)の株主優待カードなのである(販売コーナー商品は対象外)。株主優待カードの裏面のとおり、飲食料金が割引となるブランドは、ベーカリーレストラン・サンマルク、ベーカリーレストラン・バゲットサンマルクカフェ、生麺専門 鎌倉パスタ、すし処函館市場神戸元町ドリア、台湾小籠包など多数のブランドがあるのである。因みに、ご主人のお気に入りは、食欲旺盛な頃はパン食べ放題のサンマルクバゲット鎌倉パスタであったが、最近は専らサンマルクカフェ、しかもサンマルクカフェのアプリでお得に徹しているのである。

株主優待カード(裏面)

 5月17日に発表された2022年3月期決算短信によれば、売上高477億円(前期比8.5%増)、営業損失35億円(前期営業損失40億円)、営業時短休業協力金61億円により経常利益24億円(前期経常損失36億円)を確保したが、不採算店閉鎖等による特別損失33億円などが大きく響き純損失47億円(前期純損失80億円)と、2期連続赤字とコロナ禍大苦戦したのである。1株当たり利益-222.03円(前期-378.39円)からもその苦戦振りが分かるのであるが、期末配当は22円、第2四半期末の22円と合わせて年間44円(DOE(純資産配当率)は2.7%)と財務体力を見せたのである。

 2022年3月期業績予想は、売上高560億円(前期比23.2%増)、営業利益20億円、経常利益25億円(前期比1.1%増)、純利益11億円、1株当たり利益53.067円、配当予想は44円を見込でいるのである。