GHOST/トロのマネー日記

私はGhostである、名前は花山トロ。ご主人は花山とうしろう、サラリーマン生活の傍ら株式投資に励み、退職後は配当と株主優待で夫婦2人悠々自適に暮らしている。トロは前飼主に捨てられ彷徨っているところをご主人に拾われ、以来優しいご主人に甘えていたが、2021年1月14日、Ghostになったのである。これからは、人生は3つの「きんりょく」、即ち筋力(筋肉)、菌力(腸内細菌)、金力(金融資産)が最重要というポリシーのご主人を見守り、株式投資、株主優待、旅行、ゴルフ、健康などの面白い話、役に立つ話を発信するのである

立花エレテック 祝! 上場来最高値更新

 1月15日、立花エレテック(8159)の株価は、前日比361円高(+12.47%)の3,255円と急騰し、2023年6月22日につけた3,200円以来約7ヶ月ぶりに上場来最高値更新したのである。

 立花エレテックの株価は、上場来最高値更新した2023年6月22日以降、2,600円から2,900円のボックス相場だったが、1月15日、突然前日比361円高(+12.47%)と急騰したのである。直近IR情報の開示があったわけではないので、急騰の直接的な理由は不明であるが、推測するに、立花エレテックの特色を会社四季報から引用すると「三菱電機系の技術商社。三菱電のFAシステム、ルネサス半導体が主。ビル、店舗向け空調等も」ということで、もしかしたら半導体関連の出遅れ銘柄として、注目を浴びたのかもしれないのである。

 1月15日の株価(終値)3,190円ベースで見ると、PER10.46倍、PBR0.88倍、予想配当利回り3.13%と割高感がないことと、株主優待QUOカード)も買われた理由かもしれないのである。

立花エレテック 祝! 上場来最高値更新