GHOST/トロのマネー日記

私はGhostである、名前は花山トロ。ご主人は花山とうしろう、サラリーマン生活の傍ら株式投資に励み、退職後は配当と株主優待で夫婦2人悠々自適に暮らしている。トロは前飼主に捨てられ彷徨っているところをご主人に拾われ、以来優しいご主人に甘えていたが、2021年1月14日、Ghostになったのである。これからは、人生は3つの「きんりょく」、即ち筋力(筋肉)、菌力(腸内細菌)、金力(金融資産)が最重要というポリシーのご主人を見守り、株式投資、株主優待、旅行、ゴルフ、健康などの面白い話、役に立つ話を発信するのである

サンマルクHDから2024年3月期の株主優待と定時株主総会招集通知が届いたのである

 6月12日、サンマルクHD(3395)から、2024年3月期の株主優待と定時株主総会招集通知が届いたのである。

 サンマルクHDの株主優待は、3月末、100株以上保有の株主に、自社グループ直営店及びフランチャイズ店全店にて飲食料金が20%引き(すし処函館市場は10%引き)となる、1年間有効(7月から翌年6月まで)の株主優待カードなのである(販売コーナー商品は対象外)。

 株主優待カードにより飲食料金が割引となるブランドは、ベーカリーレストラン・サンマルクサンマルクカフェ、ベーカリーレストラン・バケット、BISTRO309、ブレッドガーデン、パントリエ、BAKERY RESTAURANT C、Petrichor Bakery and Café、FAMITERIA.8、すし処函館市場(宝田水産を含む)、生麺専門鎌倉パスタ(KamakurapastaFrescaを含む)、ぎをん椿庵、スパゲッティバジリコ、てっぱんのスパゲッティ(TEPPAN SPAGHETTIを含む)、おだしもん、神戸元町ドリア(横濱元町ドリアを含む)、グリル蔵敷、チーズ&ドリア.スイーツ、FARMER'S KITCHEN、Wallace Brothers Cheese Bar、台湾小籠包、石焼炒飯店、九份小籠包、倉式珈琲店、RISTRETTO&CROISSANT LABORATORIO、韓と米、奥出雲玄米食堂井上、グリル&ベーカリー ザ・シーズン、天ぷら天清、トラットリアケナルなど、多数のブランドがあるのである。

 

株主優待カード


 因みに、ご主人のお気に入りは、食欲旺盛な頃はパン食べ放題のサンマルクバゲット鎌倉パスタであったが、最近は専らサンマルクカフェ、しかもサンマルクカフェのアプリでお得に徹しているのである。

 5月13日に発表された2024年3月期決算短信によれば、売上高645億56百万円(前期比11.6%増)、営業利益26億20百万円(同993.7%増)、経常利益27億53百万円(同72.4%増)、純利益は9億69百万円(同132.8%増)、1株当たり利益47.47円(前期20.15円)、配当50円(前期44円)、配当性向105.3%(前期218.4%)と、増収・大増益・増配なのである。しかしながら、経常利益に比べ純利益がかなり少ないことからも分かるように、特別損失を計上しており、サンマルクHDは『「固定資産の減損に係る会計基準」に基づき、将来の回収可能性を検討した結果、営業店舗に係る固定資産につき、減損損失を特別損失に500百万円計上し、累計期間で788百万円計上いたしました。』と説明しているのである。

 2025年3月期通期業績予想は、売上高640億円(前期比0.9%減)、経常利益30億円(同9.0%増)、純利益21億円(同116.6%増)、1株当たり利益102.78円を予想しており、配当予想52円(配当性向50.6%)を見込んでいるのである。