GHOST/トロのマネー日記

私はGhostである、名前は花山トロ。ご主人は花山とうしろう、サラリーマン生活の傍ら株式投資に励み、退職後は配当と株主優待で夫婦2人悠々自適に暮らしている。トロは前飼主に捨てられ彷徨っているところをご主人に拾われ、以来優しいご主人に甘えていたが、2021年1月14日、Ghostになったのである。これからは、人生は3つの「きんりょく」、即ち筋力(筋肉)、菌力(腸内細菌)、金力(金融資産)が最重要というポリシーのご主人を見守り、株式投資、株主優待、旅行、ゴルフ、健康などの面白い話、役に立つ話を発信するのである

トリドールホールディングスの株主優待券が電子化されるのである

 2月27日、トリドールホールディングス(3397)から、「株主優待券電子化のお知らせ」が届いたのである。このお知らせによると、紙の冊子は2023年12月に発送済みの株主優待券をもって終了し、2024年6月から発送する株主優待券(権利日2024年3月末)が電子化されることになったのである。なお、株主優待の内容自体には変更はないのである。

株主優待券電子化のお知らせ

 具体的には、次のとおり、6月から保有株数・保有期間に応じた贈呈基準に従った金額をチャージした株主優待カードが送付されてくるのである。紙の冊子との相違点は、カードでは10円単位で利用できるようになり、有効期限については、6月発送の株主優待券の有効期限は従来と同じ13ヶ月(2025年7月)であるが、12月発送分からは12ヶ月(2025年12月)に変更されるのである。 因みに、カード型優待券は、コメダホールディングスも採用しているのである。

株主優待カードの利用方法

 

東京鐵鋼 昨年来株価急騰なのである

 1月31日14時に東京鐵鋼(5445)から発表された、好調な2024年3月期第3四半期決算短信、2024年3月期通期業績予想と配当予想の上方修正を受け、14時の発表前は4,600円前後で推移していた株価は、直後に急騰し、終値は前日比705円高(+15.65%)の5,210円と昨年来高値更新したのである。その翌2月1日にも株価は5,590円と昨年来最高値更新したが、その後は5千円台前半で推移していたところ、26日、5,600円と僅か10円だが昨年来高値更新し、翌27日も5,770円と昨年来高値更新したのである。

 東京鐵鋼の株価は1年2ヶ月前の2022年末1,424円から約4倍、2ヶ月前の2023年末の4,125円から約4割も急騰しているのである。この急騰の背景には好業績があるのは勿論であるが、2024年に入り高配当と株主優待人気の新NISAブーム、そして3月末の配当と株主優待QUOカード)を狙った買いが入っていると推測されるのである。ご主人は、株主優待目当てで100株を2,800円で購入しているが、毎度のことながらもっと買っておけばと悔やんでいるのである。

 因みに、上場来最高値は2006年4月につけた上場来最高値6,890円だが、これにはまだ1,100円以上と遠いのである。

共立メンテナンス 祝! 上場来最高値更新

 2月27日、共立メンテナンス(9616)の株価は、一時前日比67円高(+1.03)の6,566円と、2023年9月5日につけた6,539円以来5ヶ月ぶりに上場来最高値更新したのである。

 2月9日、共立メンテナンスは2024年3月期通期業績予想と配当予想の上方修正を発表し、その翌9日の株価は、一時前日比258円高(+4.18%)の6,450円と上昇したものの、その後は横這いが続いていたのである。そして、22日から3営業日連続して日経平均株価が最高値更新したのに便乗したのか、ホテルの稼働率・客単価の上昇トレンドが評価されたのか、それとも3月末の配当と株主優待の権利日を狙った買いが増えたのか、26日、6,566円と僅か27円であるが最高値更新したのである。

共立メンテナンス 祝! 上場来最高値更新

 

日本取引所グループ 祝! 上場来最高値更新

 日本取引所グループ(8697)の株価は、2月2日3,402円と、1月23日3,373円以来10日振りに上場来最高値更新し、その後8日3,466円、9日3,646円、13日3,712円、14日3,717円、15日3,759円、16日3,880円と6営業日連続上場来最高値更新し、さらに20日3,926円、22日3,934円、26日3,998円と、次々に上場来最高値更新しているのである。

 上場来最高値更新の要因は、2024年に入って、外国人の買い、新NISAの買いを伴い日経平均株価が上昇し、2月22日には39,156.97と34年振りに日経平均株価が最高値更新し、26日も最高値を更新するなど、取引全般が活発になったことから、日本取引所グループに入る取引手数料が増加するという連想ゲームと推測されるのである。そして、2025年3月期を最後に廃止される株主優待QUOカード)も少なからず貢献しているかもしれないのである。

 ということで、多くの投資家は、株式取引が活発な現状から近い将来2024年3月期通期業績予想と配当予想の上方修正さると期待して、先回りした買いなのかもしれないのである。2月26日の株価(終値)3,928円ベースで見ると、PER37.85倍、PBR6.37倍、予想配当利回り1.60%と明らかに割高感があるので、上方修正が発表されたあとは急落があるかもしれないのである。

日本取引所グループ 祝! 上場来最高値更新

 

確定申告の季節がやって来たのである その2所得税還付金の入金

2月22日1時21分、住信SBIネット銀行株式会社から、「振込入金のお知らせ」という件名で、次のとおりメールが送信されてきたのである。

 2024年2月22日に、お客さまの代表口座円普通預金への振込入金がありました。詳しくは、当社WEBサイト入出金明細画面にてご確認ください。本メールは送信専用のため、返信できません。ご不明な点については、当社サイトの「お問合せ・ご案内」よりお問い合わせいただくか、Q&Aをご参照くださいますようお願いいたします。

 振込入金の予定はないので、ご主人は直ぐに税務署からの還付金だと推測し、住信SBIネット銀行のアプリで確認したところ、推測どおり税務署からの還付金、そして確定申告どおり53万円の入金なのである。因みに、確定申告書の提出は2月2日なので入金まで20日間を要し、2023年の15日間(2月1日提出16日入金)よりも5日遅かったのである。

 そして、以前は国税還付金振込通知書が届いてから振込まで1週間程度要していたが、今回国税還付金振込通知書は2月26日に届いたように、最近は振込後に国税還付金振込通知書が届くようになったのである。

2024年築地銀だこ『大創業祭』開催のお知らせなのである

 築地銀だこから、「築地銀だこ創業27周年を迎えるにあたり、日頃からご愛顧いただいている皆様に心からの感謝を込めて、2024年3月5日(火)より全国の築地銀だこ店舗(一部店舗を除く)にて、 『大創業祭』 を開催いたします!」と、大創業祭のお知らせなのである。

 第1弾 3月5日(火)~7日(木) たこ焼(ソース・8個入り)を税込420円で販売

 第2弾 3月8日(金)~10日(日) 銀だこスタンプカードの『スタンプ2倍』

 第3弾 創業記念日にあたる3月14日(木)限定で『スタンプ3倍』

大創業祭のお知らせ

 

レーサム

 2023年12月から2024年2月、レーサム(8890)を購入したのである。レーサムの主な事業は、収益不動産の改修・改良を行うなど資産価値を高め投資家に販売し、販売後も不動産の管理だけでなく資産価値向上のための提案なども行っているほか、複数の不動産を信託受益権の形で機関投資家などに販売するRAYEX(不動産小口商品)を扱っているのである。

 購入した理由は、2月22日現在、時価総額は約1,000億円と中規模、自己資本比率は47.7%と不動産業では高め、2024年3月期予想ROE19.0%、予想ROA9.1%と資産効率は高く、PER8.88倍、PBR1.72倍と割高感はなく、予想配当利回り5.06%(配当性向45.5%)は高いのである。また、四季報情報であるが、従業員の平均給与は944万円と高いのも、従業員への配慮が見て取れるのである。配当は2020年3月期45円であったが、コロナ禍の2021年3月期は4円と大きく減配したものの、2022年3月期には37円と復活し、2023年3月期55円と2期連続増配、2024年3月期配当予想は155円(配当性向45.5%)で、3期連続増配の見込みなのである。

 2024年3月期通期業績予想は、売上高900億円(前期比32.5%増)、営業利益180億円(同25.2%増)、経常利益168億円(同30.7%増)、純利益110億円(同31.3%増)、1株当たり利益384.63円(前期269.72円)、配当予想175円(同55円)と、大増収・大増益・大増配の見込みなのである。因みに、2024年3期~2025年3期の株主還元の方向性は、①1株当たり配当金は年間175円を下限とする、②配当性向40%を目安とする、となっているのである。

 日本はバブル崩壊後の国全体としては経済の低迷が続いていたが、欧米と同様に二極化による富裕層の増加・富裕化が進み、法人はリーマンショック後の銀行の貸し渋りなどの経験から資金を貯め込む傾向が進んだことを背景に、節税商品、投資商品として、航空機・船舶・コンテナを対象としたオペレーティング・リース案件の組成・販売、収益用不動産の組成・販売、不動産小口化商品(信託受益権)の組成・販売などが増加しているのである。その典型例が、FPG(7148)、SBIリーシングサービス(5834)、レーサムであり、いずれも、業績を伸ばしているのである。