GHOST/トロのマネー日記

私はGhostである、名前は花山トロ。ご主人は花山とうしろう、サラリーマン生活の傍ら株式投資に励み、退職後は配当と株主優待で夫婦2人悠々自適に暮らしている。トロは前飼主に捨てられ彷徨っているところをご主人に拾われ、以来優しいご主人に甘えていたが、2021年1月14日、Ghostになったのである。これからは、人生は3つの「きんりょく」、即ち筋力(筋肉)、菌力(腸内細菌)、金力(金融資産)が最重要というポリシーのご主人を見守り、株式投資、株主優待、旅行、ゴルフ、健康などの面白い話、役に立つ話を発信するのである

AFC-HDアムスライフサイエンスから株主優待制度の改悪が発表されたのである

 ご主人からまたもや「ガビーン」と奇声が飛び出したのである。というのも、2月6日、AFC-HDアムスライフサイエンス(2927)から、「株主優待制度の変更に関するお知らせ」が発表されたのである。その内容は、前期に続いて2期連続の改悪なのである。変更後の株主優待と変更前の株主優待の内容は次のとおりなのである。

株主優待制度

株主優待制度

 AFC-HDアムスライフサイエンスの株主優待は改悪の連続なのである。1,000株保有者で言えば、当初は年間6万円の商品引換券と割引券であったが、2018年8月期に年間3万円の商品引換券と割引券、そして2022年8月期に年間2万円の商品引換券と割引券、このように改悪が続き、そして今回の改悪では年間1万円分(2,500円券×4枚)の割引券(注文金額5,000円以上で割引券1枚利用可)のみに変更されたのである。しかも、この変更は2023年2月末から適用にもかかわらず、つまり2月24日の権利日の18日前という間際なのである。前回の変更は2022年1月14日に発表されているので、さらに遅れての発表なので、経営陣への信頼感は失われ企業イメージを損ねるようなものなのである。

変更の理由について、AFC-HDアムスライフサイエンスは、「当社は、2005年の上場来、多くの株主様に事業活動並びに製品の品質の良さを知って頂くことを目的として、株主優待を実施して参りました。上場より18年が経過し、一定の目的を果たせたものと思っております。当社は、経営の多角化並びに国際化を進めており、新たな挑戦のステージへ向かっております。その中で、本来の利益還元のあり方の観点から、業績を上げその利益を配当で還元することが適切であるとの判断に至りました。」と、説明しているのである。

 同日、AFC-HDアムスライフサイエンスから、「2023年8月期期末配当予想の増配に関するお知らせ」が発表され、年間配当予想は25円から27.5円(中間12.5円、期末15円)に2.5円増配となったのである。しかしながら、2022年の改悪時の理由について、「株主の皆様から、配当金の割合を多くして欲しいとのご要望を数多く頂いたため、株主優待制度を変更いたします。」と説明しているが、年間配当で見れば、2021年8月期27.5円、2022年8月期30円と僅か2.5円の増配、そして今期当初配当予想は25円だったものが僅か2.5円の増配で27.5円となり、つまり2期前と同額であり、2回連続の株主優待改悪のみが残ったということなのである。

 AFC-HDアムスライフサイエンスは、確かに経営の多角化並びに国際化を進めており(飲食店事業、百貨店事業、旅行業、日本語学校)、新たな挑戦のステージへ向かっているのであるが、「業績を上げてその利益を配当で還元することが適切」と言いつつも業績は上げられず配当は増やさず、株主優待制度の改悪により資金を捻出しているふうにしか見えないのである。そして、翌7日の株価は一時ストップ安となる808円(-150円、-15.66%)まで下落、終値は円817円(-141円、-14.72%)、下落率は全市場中第5位なのである。

 因みに、ご主人と奥様は1,000株保有しているが、追加で1,000株または2,000株を購入しても投資効率が悪く、新しい株主優待制度では100株と1,000株とも同じ内容となるので、1,000株を保有する必然性はないことから全株を860円で売却したのである。

銀だこから値上げのお知らせなのである

 2月1日、銀だこから、3月1日から商品価格の改定を行う旨のお知らせがHPに掲載されたのである。主な商品の値上げ状況は次のとおりであるが、たこ焼きが約8%、たこ焼き期間限定商品が約4%、薄皮たい焼は約20%、クロワッサンたい焼が約14%などとなっている。

価格改定のお知らせ

 値上げの理由について、銀だこは、「昨今の円安や世界的な小麦の不作などによる原材料価格の高騰に合わせ、人件費、物流費、光熱費も上昇し、これらの価格変動は企業努力だけでは吸収することが難しい状況となり、この度、やむを得ず商品価格の改定を行うこととなりました。」と説明しているのである。

 ご主人は、専ら株主優待券で購入した回数券でたこ焼きを購入しているので、今後発売される回数券の価格が気になるところであるが、これまでの500円から540円~550円に値上げされるのではないかと予想しているのである。

確定申告の季節がやって来たのである その1

 今年も確定申告の季節がやって来たのである。所得税の確定申告は例年2月16日からスタートするが、1月4日には、国税庁のHPに「令和4年分の確定申告書等作成コーナー」が開設され、税務署では還付申告の受付が始まるのである。ということで、ご主人は、還付申告の確定申告書の作成にとりかかったのである。前年の確定申告との違いは、楽天証券が2022年取引分より、特定口座年間取引報告書をPDFファイルでの提供に加えて、XMLファイルでの提供が始まったのである(SBI証券は2021年分から)。XMLファイルの画期的な点は、e-Tax国税電子申告・納税システム)で確定申告を行う際、XMLファイルを読み込ませることで特定口座年間取引報告書に記載の情報が自動入力されるため、簡単・迅速に確定申告書の作成ができるのである。

 早速、次の画面のとおり、楽天証券の取引報告書等(電子書面)のページから、「XMLで保存」ボタンよりダウンロードをしてデータを入手したのである(続けてSBI証券からもXMLファイル入手)。次の準備作業は、配当控除が使えないリート、インフラファンド等の金融商品の分配金の総額を集計しておく必要があるのである。

楽天証券の取引報告書等(電子書面)

 準備できたら、「令和4年分の確定申告書等作成コーナー」で、令和3年の「DATAファイル」を利用して、令和4年度の確定申告書作成開始なのである。ご主人は、特定口座(源泉徴収あり)のうち申告する株式等の売却等、配当等・利子等がある方に該当するので、「収入金額・所得金額の入力」画面で、「特定口座年間取引報告書」の内容を入力するのである。ここで、証券会社から交付された「xmlデータ」形式の「特定口座年間取引報告書」を読み込むのである。データの読込が完了後、「配当控除の入力」の画面で、投資法人の投資口の分配金額をa欄に入力するのである。投資法人とは配当控除が使えないリート、インフラファンド等の金融商品なので、リート等の分配金総額をA欄に入力後、画面下方にある「計算」をクリックすれば、自動的に配当控除額が計算されるのである。

 次は、その他の収入の入力、所得控除の入力、税額控除・その他の項目の入力を順次進めていけば、還付される金額が表示されるのである。この後は「住民税等入力」画面になるのである。「住民税等入力」では、「住民税・事業税に関する事項」をクリックし、ここで一番重要なのは「6 株式等譲渡所得割額控除額がある方の入力項目」、特定配当等・特定株式等譲渡所得の全部について、住民税で申告不要としますか?という質問なのである。これは、特定口座(源泉徴収あり)を選択している場合、課税方式を選ぶことができるのである。所得税と住民税とで特定配当等・特定株式等譲渡所得の申告方式を同じにするなら「いいえ」、所得税を総合課税、住民税を源泉徴収のみ(住民税で申告不要)とするなら「はい」をクリックするのである。ご主人は、住民税を源泉徴収のみ(住民税で申告不要)が有利なので「はい」をクリックするのである。

6 株式等譲渡所得割額控除額がある方の入力項目

 後は順に画面を進め、還付金の「受取方法の選択」、「住所・氏名等の入力」、「マイナンバーの入力」が終わると、確定申告書(提出用)、確定申告書(控え)を印刷画面になり、それぞれを印刷して完了なのである。最後に、データを保存し、データをダウンロードし、ダウンロードされた「DATAファイル」を保存し、翌年の確定申告に再利用するのである。そして、2月1日、ご主人は、待ち時間を含めても10分で確定申告書の提出が完了し、後は還付金62万円の振込を待つだけなのである。

トーメンデバイスから株主優待のQUOカードが届いたのである

QUOカード(3,000円)

 1月30日、トーメンデバイス(2737)から2023年3月期第2四半期の株主優待QUOカード)が届いたのである。トーメンデバイス株主優待は、保有株数に応じて次のとおりギフトセット、QUOカード日本赤十字社への寄付など3~4品のうち1品選択し、専用ハガキで申し込みをするのである。ご主人は200株保有で、奥様の要望を容れてQUOカード(3,000円)を選択したのである。そして、案内のとおり株主優待品が1月下旬に届いたのである。

株主優待

 1月31日、トーメンデバイスから、2023年3月期第3四半期決算短信が発表されたのである。売上高3,322億円(前年同期比3.3%減)、営業利益107億円(同20.6%増)、経常利益(同25.1%減)、純利益43億円(同24.9%減)、1株当たり利益642.46円(前年同期855.87円)と少々チグハグとなっているのである。というのも、為替のマジックである、為替レートの差による営業利益の増加は、為替差損の計上により帳消しとなり経常利益・純利益には特に影響を与えていないのである。同日、発表された2023年3月期通期業績予想の修正も、この点を踏まえた営業利益のみ上方修正ということになっているのである。

2023年1月のポートフォリオ

 ご主人の主目標である年間500万円の配当は、2022年は525万円となり、3年振りにめでたく目標達成したのである。2023年の配当実績と配当予想は419万円、今後12月期・2月期・3月期決算短信の発表により今期実績と次期配当予想が判明し、順次積み上がっていくのである。

 世界的にはウクライナ戦争の長期化、対ロシア経済制裁、米中対立、原油高・資源高・食料高、アメリカのインフレ・利上げ・景気後退、中国の新型コロナ感染爆発(逆に感染収まり経済が正常化すればインフレ要因)、等々、国内でも円安、インフレ、コロナ禍、日銀の政策変更の観測など、波乱要因は数多くあり、不確実性ばかり高まっているので油断できないのである。1月は、高配当狙いの大和工業、株主優待と高配当狙いの愛知電機、帝国電機製作所、白銅、前澤化成工業を購入したのである。

 1月31日現在、ポートフォリオ時価総額は前月末比+1.24%と2ヶ月ぶりに上昇し1.91億円、TOPIX(同+4.42%)と日経平均株価(同+4.72%)をだいぶ下回ったのは、金利上昇に伴うリートの値下がりの影響が大きかったのである。

 プラス要因は、コロナ禍の規制が解除され経済の正常化が進んだおかげか、ジェイグループホールディングス、クリエイト・レストランツ・ホールディングス、トリドールホールディングスWDIなどの外食業界、共立メンテナンス、鉄鋼(JFEホールディングス、大和工業)などの上昇、前月大きく下落したベネフィット・ワン、AFC-HDアムスライフサイエンス、バリューHRのリバウンドなどが挙げられるのである。年初来高値更新は、7社(AFC-HDアムスライフサイエンス、WDI、サンマルクホールディングスサイゼリヤ、大和工業、イオンモール愛知電機)と少なかったのである。特にWDIは周囲の状況とは関係なくコロナショック以降ジリジリと上昇し、1月11日には2,020円と上場来最高値を更新し、その後も12日、26日、30日、31日、2月1日に上場来最高値更新したのである。

 マイナス要因は、イオン北海道が1月20日に発表した株式の売出しが影響して大きく下落、リート全般の下落に加え、1月末の権利落ちケネディクス・レジデンシャル・ネクス投資法人、サムティレジデンシャル投資法人、スターアジア投資法人)の下落などが挙げられるのである。

 組入比率トップ5

  1位 ベネフィット・ワン       比率 10.67% 騰落率 +10.67%

  2位 共立メンテナンス        比率  9.65%  騰落率  +0.34%

  3位 ノエビアHD          比率  5.97% 騰落率  -1.38%

  4位 タカラレーベン不動産投資法人  比率  4.48% 騰落率 -14.38%

  5位 サムティレジデンシャル投資法人 比率  3.19% 騰落率  -5.79% 

                    現金   比率 16.80% 

 騰落率ベスト5

     1位 AFC-HDアムスライフサイエンス 19.41%  

  2位 ジェイグループホールディングス   10.68%    

  3位 トーメンデバイス          10.31%      

  4位 バリューHR            10.16%    

  5位 ベネフィット・ワン         10.04%

 騰落率ワースト5

  1位 イオン北海道                  -18.60%

  2位 ケネディクス・レジデンシャル・ネクス投資法人 -5.84%

  3位 アクティビア・プロパティー投資法人      -5.81%

  4位 サムティレジデンシャル投資法人          -5.79%

  5位 FPG                      -4.94%

FPGから好調な2023年9月期第1四半期決算短信が発表されたのである

 1月31日、FPG(7148)から、好調な2023年9月期第1四半期決算短信が発表されたのである。決算短信によれば、売上高17,416百万円(前年同期比11.1%増)、営業利益7,092百万円(同108.3%増)、経常利益7,049百万円(同98.1%増)、純利益4,560百万円(同81.0%増)と、特に利益は大幅増となり、四半期会計期間(3か月)では過去最高益なのである。好業績振りは、通期業績予想に対する進捗率で見ると、営業利益は52.1%、経常利益は51.1%、純利益は48.0%なのである。この好業績について、FPGは、「当社のリースファンド事業においては、潤沢な期初在庫を背景に、積極的に出資金を販売した結果」と説明しているのである。

 因みに、翌2月1日、好業績を好感してFPGの株価は一時1,305円(+247円、+23.3%)まで上昇、終値は1,228円(+170円、+16.07%)と少々下がったが、それでも全銘柄中12位の上昇率なのである。

プレミアム優待倶楽部をチェックするのである その4

 1月6日、ザイ・オンラインに公開された記事、「プレミアム優待倶楽部」株主優待利回りランキング!全71銘柄の配当+優待利回り(2023年1月時点)を比較して最もお得な「プレミアム優待倶楽部」銘柄を公開(https://diamond.jp/zai/articles/-/242963)についてなのである。この記事のランキングは、プレミアム優待倶楽部を得るための最低投資額を基準に作成されているが、71銘柄の中には、最低投資額よりも多額の投資をすることにより、最も投資効率が良くなる場合もあるのである。また、長期保有株主優待制度を導入している銘柄や「プレミアム優待倶楽部」以外の優待品を導入している銘柄もあり、そして業績の善し悪しを含めてお得な銘柄を選別するのはかなり複雑なのである。ということで、トロが独断と偏見で、「プレミアム優待倶楽部」を導入している企業の株主優待制度をチェックするのである。

 今回は上位10社を概観するのである。次の表は、Yahoo Financeのポートフォリオを利用して、1月31日の終値を基に、上位10社+既に取り上げた白銅及びUSEN-NEXT HOLDINGSについて、財務指標等を一覧表にしたものなのである。このポートフォリオ機能は、気になる銘柄を自分なりの視点で比較表を作成することができる便利な機能なのである。

上10社+白銅、USEN-NEXT HOLDINGS

 まず気がつくのは、上位10社は著名な企業ではなく、いずれも時価総額が300億円以下、半数は100億円以下と、小粒な企業なのである。PER、PBRを見るとあまり注目されていないという印象が伺え、プレミアム優待倶楽部を導入することによる、PR効果、流通株式時価総額を増やす、株主数を増やす、といった意図が感じられるのである。

 個々に見ると、欠点がチラチラと見え、気になるのである。フォーシーズHDは無配、金利上昇局面は、不動産業(日神グループホールディングス、明和地所フォーライフ)や有利子負債が多い企業(日神グループホールディングス、明和地所、サカイホールディングス)にとってはやはりリスクなのである。自己資本比率が高いが資本効率が悪いアビスト、前澤化成工業、アイリックコーポレーション、PERが高いアイリックコーポレーション、MS-Japan、等々粗探しをすると切りが無いのである。また、MS-Japanは、最も投資効率が良いのが3,200株(300万円超)と、少々ハードルが高いのである。そんな中で、ご主人の保有している、アビスト、白銅、USEN-NEXT HOLDINGSは、比較的粗が少ないのである。

 ということで、最終的には、何のリスクをどの程度許容できるのか、リスクがより小さく、リターンはより大きくなる投資先はどこか、そういう視点で判断するのであるが、タイミングが重要なのは言うまでもないのである。