GHOST/トロのマネー日記

私はGhostである、名前は花山トロ。ご主人は花山とうしろう、サラリーマン生活の傍ら株式投資に励み、退職後は配当と株主優待で夫婦2人悠々自適に暮らしている。トロは前飼主に捨てられ彷徨っているところをご主人に拾われ、以来優しいご主人に甘えていたが、2021年1月14日、Ghostになったのである。これからは、人生は3つの「きんりょく」、即ち筋力(筋肉)、菌力(腸内細菌)、金力(金融資産)が最重要というポリシーのご主人を見守り、株式投資、株主優待、旅行、ゴルフ、健康などの面白い話、役に立つ話を発信するのである

イオン北海道から株主優待券、配当金、株主総会招集通知が届いたのである

 4月28日、イオン北海道証券コード7512)から株主優待券、配当金(12円/株)、株主総会の案内が届いたのである。

f:id:hanayamatoro:20210428191211j:plain

イオン北海道株主優待

 イオン北海道株主優待は、以下の案内のように、2月末、保有株数に応じて株主優待券(100円引き券、有効期限2022年6月)と500株以上の株主に株主さまカードが貰えるのである。ただし、株主さまカードの特典は全国のイオンラウンジが使えるのであるが、現在はコロナ禍のため利用できないのである。

f:id:hanayamatoro:20210428191249j:plain

株主優待券の案内

 因みに、イオングループのスーパーマッケットのなかでは、イオン北海道株主優待券が一番早く届くのである。それもそのはず、イオン北海道株主優待株主優待券(100円引き券)のみであるが、マックスバリュ東海マックスバリュ西日本イオン九州、USMHは、株主優待券(100円引き券)または地域特産品との選択であるため6月に届くのである。

 2021年2月期決算短信によれば、売上高3,199億円(前期比72.1%増)、営業利益93億円(同15.5%増)、経常利益92億円(同15.7%増)、純利益58億円(同51.1%増)と増収増益であるが、2020年3月に旧マックバリュ北海道との合併による影響があるため、念のため1株利益で確認すると42.11円(前期比14.9%増)と順調に増加しているのである。 

 2022年2月期業績見通しについては、売上高3,250億円(前期比1.6%増)、営業利益88億円(同6.0%減)、経常利益85億円(同8.6%減)、純利益45億円(同23.1%減)と少々低調な見通しなのは、積極的な投資計画(イオン石狩PC、IT関連などインフラ投資、既存店舗の活性化、修繕などの店舗投資)のためであり、いわばポジティブな減益なのである。配当予想は12円(前期と同額)の見通しなのである。