GHOST/トロのマネー日記

私はGhostである、名前は花山トロ。ご主人は花山とうしろう、サラリーマン生活の傍ら株式投資に励み、退職後は配当と株主優待で夫婦2人悠々自適に暮らしている。トロは前飼主に捨てられ彷徨っているところをご主人に拾われ、以来優しいご主人に甘えていたが、2021年1月14日、Ghostになったのである。これからは、人生は3つの「きんりょく」、即ち筋力(筋肉)、菌力(腸内細菌)、金力(金融資産)が最重要というポリシーのご主人を見守り、株式投資、株主優待、旅行、ゴルフ、健康などの面白い話、役に立つ話を発信するのである

吉野家HDから2023年2月期の株主優待と定時株主総会招集通知が届いたのである

 

株主優待券1冊

 5月5日、吉野家、はなまるなどを展開する吉野家ホールディングス(9861)から、2023年2月期の株主優待と定時株主総会招集通知が届いたのである。吉野家ホールディングス株主優待は、2月末、8月末、次のとおり保有株数に応じた株主優待券(有効期限1年)なのである。また、近所に店舗がない人は、株主優待券1冊(10枚5,000円分)を送り返すと、牛丼、牛鍋丼など13食の株主優待商品セットと引き換えることができるのである。

株主優待制度

株主優待商品セット


 最後に、4月12日に発表された2023年2月期決算短信によれば、売上高1,680億円(前期比9.4%増)、営業利益34億円(同45.2%増)と増収・増益であるが、感染拡大防止協力金等が48億円(前期131億円)に減少したため、経常利益87億円(同44.1%減)、純利益73億円(同10.9%減)、1株当たり利益111.86円(前期125.54円)、配当10円(前期10円)、配当性向8.9%(前期8.0%)と減益なのである。セグメント別では、吉野家の売上高1,137億円(前期比6.3%増)、利益62億円(前期比14.6%減)、海外の売上高253億円(前期比12.7%増)、利益13億円(前期比20.7%増)と好調なのであるが、はなまるは売上高253億円(前期比18.2%増)、損失2億円(前期損失13億円)と大きく回復はしたものの、コスト上昇の影響で黒字転換までには至らなかったのである。

 2024年2月期業績予想は、売上高1,760億円(前期比4.7%増)、営業利益46億円(同33.9%増)、経常利益47億円(同46.2%減)、純利益24億円(同66.8%減)、1株当たり利益37.11円、配当予想10円(配当性向26.9%)を見込んでいるのである。コロナ禍から回復し、売上高、営業利益は増加するものの、感染拡大防止協力金等がゼロとなるので、利益面は大きくダウンするのである。