GHOST/トロのマネー日記

私はGhostである、名前は花山トロ。ご主人は花山とうしろう、サラリーマン生活の傍ら株式投資に励み、退職後は配当と株主優待で夫婦2人悠々自適に暮らしている。トロは前飼主に捨てられ彷徨っているところをご主人に拾われ、以来優しいご主人に甘えていたが、2021年1月14日、Ghostになったのである。これからは、人生は3つの「きんりょく」、即ち筋力(筋肉)、菌力(腸内細菌)、金力(金融資産)が最重要というポリシーのご主人を見守り、株式投資、株主優待、旅行、ゴルフ、健康などの面白い話、役に立つ話を発信するのである

2月期決算の外食6社から2022年2月期第3四半期決算短信が相次いで発表されたのである

 2月期決算の外食6社、Jグループホールディングス(3063)、SFPホールディングス(3198)、クリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387)、コメダホールディングス(3543)、リンガーハット(8200)、吉野家ホールディングス(9861)から、相次いで2022年2月期第3四半期決算短信が発表されたのである。

 コロナ禍、時短営業・休業やアルコールの販売制限をものともせず営業利益を確保したのが、コメダホールディングス吉野家ホールディングス、及びクリエイト・レストランツ・ホールディングスの3社で、さらに協力金等により経常利益、純利益もしっかり確保しているのである。コメダホールディングスは朝7時からから営業していることもあり、夜の時短営業は影響が小さく、営業利益、純利益ともコロナ禍前の2020年2月期第3四半期を僅かに下回るまでに回復したのである。吉野家ホールディングスクリエイト・レストランツ・ホールディングスは、コスト削減、テイクアウト・デリバリーの強化、不採算店の撤退などを進め、いずれも筋肉体質への転換が奏功し、営業利益を確保し、さらに協力金等により純利益も大きく増加したのである。

 営業赤字ではあるが協力金等によりなんとか経常利益、純利益を確保したのが、リンガーハットとSFPホールディングスなのである。いずれも営業赤字幅は縮小したものの、第3四半期も営業赤字が続いており、まだまだ回復には時間がかかりそうである。

そして、Jグループホールディングスは、減収、営業損失、経常損失、純損失と大苦戦したものの、純損失が第2四半期累計3億円から第3四半期累計7千万円までに縮小したのである。

 いずれにしても、緊急事態宣言が9月末で解除されたことで回復傾向がみられるものの、ご主人は、オミクロン株が大流行している期末にまた失速してしまうのでは危惧しているのである。